電車内の珍事

夜のテレビ番組で運行スケジュールを取り戻すために
スピードを上げ脱線した事故の内容を詳しく放映していた。
過密スケジュール、追い込むような教育を見直したとのことである。

翌日の朝、
とある駅でアナウンス
誠に恐縮ですが
次の駅で乗務員がトイレに行かせていただきます。
少し停車致します。

社内の伝言の放送が昔あった。
~様から~様へのご伝言です。
○○とのことです。
それもなかなかレアだった。

今回も初めての出来事で
居合わせた老夫婦も初めて聞いたわと言っている。

1分少々の遅れで運転しております。
ということで出発後に再度アナウンスがあった。

その後、後ろの電車が遅れいているため
調整したくらいで特に問題なく進行した。

いつも、時間合わせした停車しなければ
もっと早いのにと不満を漏らしているのだが、
詰詰のスケジュールでないことが
大切であるかが再確認できた。

自分の職場でも大切にしたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック