外に出る

料亭「菊乃井」村田吉弘  産経新聞24年9月5日

日本料理はやりません。フランス料理をやりますと言って出て行ったものの,
フランスで実感したのは「日本料理は極東のエスニック料理の何物でもない」ということ。
フランス人が「フランス料理が世界一の料理」と自慢するたび,持ち前の反抗心がわいてきた。
「日本料理を世界に認めさせる。それをライフワークにしよう」と心に決めた。

半年で戻ってくる。

父親の元治氏に言われたそうだ。

厄年を迎えたとき,これからは世間の「役」にたつんやと。

「おまえは何も仕事しとらん。仕事してるような気ぃになってるだけや。
もっと外に出て世間を広げ,新しい客をつくれ」と小言を言われていたという。

そして,京料理のレシピを公開し,手ごろな価格の弁当を提供し始めたのだという。


自分の職場では通用する。重宝されていると思う(勘違いをしている)。
一歩外に出るとちんぷんかんぷん。
畑違いだから知らなくて当然。なんて甘いことを言う。
たまには外に出て違う職場の薬剤師にも会って,意見交換なりをしよう。
刺激を得よう。

先日会社帰りにランチしようと,心に決めていたラーメン屋に向かっている途中,
すし屋のランチの看板を目にしたらそれが気になって,
通り過ぎたもののやはりすし屋に入った。

寿司の盛られた見た目,味だけでなく,カウンターに座っていると何だか気分が良い。

気の利いた日本料理屋に行きたくなった。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック