テーマ:病気

飛蚊症

先々週くらいに飛蚊症発症 左眼にいるのはいつも黒いちらちら これからの生涯の伴になりそうです。 慣れたといえば慣れたのですが 視界良好とはいきませんね。👀
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

流行

IL-6が炎症時の急性期反応などに重要な役割を担い、 その異常産生が多発性骨髄腫や関節リウマチなどの疾病に深く関与することを見出し、国産初の抗体医薬品、ヒト化抗ヒトIL-6受容体モノクローナル抗体(IL-6阻害薬)トシリズマブ(アクテムラ)の開発を強く牽引してきた岸本忠三教授。 「流行を追ったところで、流行をつくった人は超えられ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インフルエンザと自宅待機期間

とある調査より。 「インフルエンザにかかった際の『自宅待機期間』に外出したか」との問いには、30.5%が「外出した」と答えた。「外出の理由」は、「食べ物・飲み物の調達のため」というやむを得ない理由が多かったものの、「熱が下がったから」「体のダルさが軽減したから」「仕事を休めなかったから」など、感染予防意識の低さや社会的な体制の不備…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すい臓がんの術後にティーエスワン

m3.comより 2011年の死亡者数は約2万9千人で増加傾向にあり、日本ではがんの中で5番目に死者が多い。 早い段階でははっきり分かる症状がなく進行も速いため、早期発見が難しい。 根治が望めるのは手術だが、膵臓の近くは血管や臓器が複雑に絡んでいるため、高度な技術が必要になる上、手術後2年以内に7割が再発するなど、難治がんの代…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医薬品副作用被害救済制度

救済制度の認知度向上を 薬の副作用被害でシンポ 2010年12月7日 提供:共同通信社  薬の副作用で障害が残ったり亡くなったりした場合に患者や遺族に医療費や手当を支払う「医薬品副作用被害救済制度」の30周年を記念するシンポジウムが6日、東京都内で開かれ、「制度の認知度が向上すれば救われる人は増えるはず」との意見が出た。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝の学習(不安神経症,強迫神経症,恐怖症)

不安神経症: 不安になる原因が不明(特定の対象なし)で,動悸,冷や汗,胸部の苦悶感,呼吸困難などの身体症状がおこる。 不安発作と予期発作(また起きるのでは・・・・)。 ⇒外出恐怖症,乗り物恐怖症など。 強迫神経症: 気にせずにはいられない。(確認強迫)。 無意味と分かっていても考えたり行動を繰り返す。 ドアノブ,ガスの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝の学習(気分障害(うつ病性障害と双曲性障害))

退院患者のいない8時前の出勤。 頭の冴えているこんな時は勉強が良い。 今日は躁うつ病,神経症,恐怖症の内容。。 単うつ病⇒興味なし。意欲減退。時間経過で普通はもとにもどるが,そうでなくなってしまう。 日本人の5%。結構いる。 躁うつ病(双曲性障害) 躁状態では何でもできるのではないかとい…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more