授業

11月に授業をすることになった。 薬理は難しいので現場の薬剤師として 医薬品の開発や処方に関する情報について話すことになった。 調べてみると知らないことだらけ 新しい気づきも生まれてくる
コメント:0

続きを読むread more

ピーナッツ

おおまさりは発芽するところでナメクジにやられ 隣のひとから大粒落花生の苗をもらい育てた。 大粒のものはほとんどネズミにやられ取れ高は少ない。 それでも味は格別
コメント:0

続きを読むread more

精密検査

再検査の前の診察日が決まった。 すぐ検査ではないのだとか。 伝えていた3つの候補日から 一番早い日で朝9時から。 そんな急がれているの? と逆に心配になる。 至って健康で病院かかったこともなく 保険料も納めるだけ納めてきたんだなあと思う。
コメント:0

続きを読むread more

いとこと話す

何年ぶりだろうか。 LINEの便利さを知った。 親の療養の話を見たらしく連絡がある そのとき聞いていた つまらないオンライン研修のボリュームを下げ 文字ではなく通話で返信 久しぶりに聞いた声は別人である。 おばさんの昔の声に似てきていた。 ともに年男と年女、もうすでに人生の折り返しだ。 自分…
コメント:0

続きを読むread more

健康診断 子

親の心配をしていたら 自分に健診の結果に精密検査のお知らせが同封されて来た。 便潜血と書いてある。 たまたま切れて紛れ込んだのだと楽観的に考える一方で 長年、ポリープがあったのかもしれない。 気にしないとは言い切れないが ここは予約してみてもらうことになるだろう。 それまでは美味しそうなものを食べる。 …
コメント:0

続きを読むread more

健康診断

明日は健康診断 きっと異常なし、至って健康という結果になるのだろう。 何か見つかったらやっぱり・・・ となるのだろうが、検査では心の疲れまでは読めないだろう。 適当な時期を見て人の安否を確認することは大切な事。 それが親となるとさらに尚更のこと。 しかしそれができない状況にある。 生活を維持するためには仕事…
コメント:0

続きを読むread more

ジョギングと考えごと

疲れも溜まっている。 実家に帰り母の健康が思わしくないことを知り、 今後のことも考えると気が落ち込む。 雨もポツポツ。 畑に行く気力体力もなし。 歩きとジョギングを兼ねて川の散歩道へ。 都心ではほぼ見られないヒッツキムシだらけの川沿い。 とぼとぼ歩いていると60後半らしき方がちょこちょこした走りで 元気に後ろから通り過ぎ…
コメント:0

続きを読むread more

得られるものと失うもの

この数カ月は週末の休日もなく ワクチン接種の手伝い、オリンピック、パラリンピックなどで 家にいないことも多かった。 注射器を取り扱う薬局薬剤師も普通のものになった。 新しい職能としての姿を見せ貢献することもできたことは良かったこと。 オリンピック、パラリンピックでは 多様性という言葉が最も当てはまり人種や言葉、身体の…
コメント:0

続きを読むread more

六日町での出来事

先日、仕事で六日町に行った。 坂戸山は町のシンボルで直江兼続が町の人みたいだ。 かけ流し独り占めの一寸法師になった気分で かけ流しの温泉に浸かって 少しだけ安息の時間を持つ。 その後散歩に出た。 上杉顕定のお墓、刈り取る直前の輝く稲穂、 有給を使い有難いことに悠久の時を感じずにはいられない。 最後に土手を走った。…
コメント:0

続きを読むread more

健康維持

2人の大学生の学費を奨学金で補いながら支払いを終えようとしている。 母親の入院予定の話などを聞く。 年金とわずかな収入だけでは支払いはできないだろう。 ワクチン接種や地域のお手伝いなどで 一時的に少し入金されるがあっという間に無くなってしまうだろう。 金欠状態は心がすさませる。 身の回りの全員の健康が維持されてい…
コメント:0

続きを読むread more

親と子

書道の授業の課題提出が明日だという。 課題の字は与えられるがリモート組は自分で探すのだという。 スマホで字を探して書いていたようだが じつは蘭亭序の本は家にあるのだ。 王義之は船の上で酔いながら書いたという。 そして二度とこのようなものは書けないと言ったという。 会議を終え帰宅した直後に手伝ってくれと言われ イライラし…
コメント:0

続きを読むread more

視覚の障がいのある選手

44歳のマラソンランナーに限らず 55歳、66歳のランナーがゴールした。 ガイドランナーとともにゴールする。 選手のインタビューでは 苦しかったことと 仲間に感謝の気持ちを表すことが多い。 メダルをガイドランナーにかけようとする姿には胸を打たれました。 また、走っている最中に謝まって回っている姿を想像し怖かった…
コメント:0

続きを読むread more

オリパラの閉幕

オリンピック、パラリンピックが終わってしまった。 メダルを持たせてもらう機会があった。 いとおしげに触って確かめているので いいですね~。と言ったら どうぞ、触ってみて。 と言われ、 え?いいんですか? どうぞどうぞと言うので 恐る恐る選手の首にかかっている紐のメダルにほど近い部分を 人差し指と親指でつ…
コメント:0

続きを読むread more

優勝選手のエスコート

会場の送迎バスは終わってしまった。 コーチも連れて10分歩いて 選手指定の専用のタクシーの発着する場所に行ってみたら そのタクシーは他に行ってしまったという。 新しい車を手配してもらうことになった。 それまでの間、関係者からは どうなっているんだ。 説明を要することになる。 待ち時間も数分から15分時間も伸び…
コメント:0

続きを読むread more

癒しのひととき~朝の土いじり

今日も朝の畑に出る。 土日は台風の情報もあり 来られるか確信が持てない。 どうしても雑草を少し整理したかったのだ。 4時45分起床。 畑に向かい 5時20分から鎌を素早く動かし 通路の名の知れぬ雑草を削ぐ。 30分あればかなりできることが分かった。 ついでにネギの土寄せをし、 ミ…
コメント:0

続きを読むread more

癒しのひととき~朝摘み

コロナワクチンの希釈の仕事が日曜日に3週続けて入り、 その結果、畑作業が滞りがちになっている。 そのため平日の5時前に起きて車を飛ばし 畑に出向いて状態を観察する。 すでに日は上がっている。 朝露で満たされている環境のなか 30分でできることは限られている。 残念ながら雑草を取る余裕まではない。
コメント:0

続きを読むread more

言葉の力

蕎麦屋さんでカツライスを注文し待っている間に スポーツ新聞を流し読み。 1分1秒の時間でも大切に使って野球に打ち込んで下さい。 勝つ勝つ勝ーつ。 長嶋茂雄がファーム選手にかけた言葉だそうだ。 これを見て気持ちが入った気がした。
コメント:0

続きを読むread more

社内を見渡す

平成10年入社 病院の1階に配属 24年目になる。 同じフロアで働くスタッフをふと見渡してみた。 医療職は入れ替わった。 事務職は異動も多く定年の方も数知れず。 そんな中で異動せずず――っと1階に住んでいるのは 事務の女性、そして私だけとなった。 というわけで 私のことをもう少し気遣ってくれても良いのではな…
コメント:0

続きを読むread more

決まった仕事と疲労と考察

ルーチンワーク、決まった仕事をこなすこと10数年。 しかも曜日によっておおよそ決まっている。 良く飽きもせず続けてきたなと思う。 若いころは褒美がなくても貪欲にこなしたが この頃は効率ばかり考え、ほかの人でもできることはお願いし、 メリットがないことには目を向けないようになっている。 ましてや、マスクで顔半分…
コメント:2

続きを読むread more