流行

IL-6が炎症時の急性期反応などに重要な役割を担い、
その異常産生が多発性骨髄腫や関節リウマチなどの疾病に深く関与することを見出し、国産初の抗体医薬品、ヒト化抗ヒトIL-6受容体モノクローナル抗体(IL-6阻害薬)トシリズマブ(アクテムラ)の開発を強く牽引してきた岸本忠三教授。

「流行を追ったところで、流行をつくった人は超えられない」
と考え,内分泌・代謝学が花形の時代にあえて免疫学を選択したのだという。

岸本先生は石坂先生とともに、T細胞が「何らかの因子」を放出する結果、B細胞が抗体を作るという仮説を立てて検証を繰り返し、2年の月日を経て、「何らかの因子」が存在することを実証した。

IL-6はB細胞に抗体産生を命令する分子というだけでなく、炎症時の急性期反応などをはじめとした生体のさまざまな反応に関与する重要な分子であり、その異常産生が、多発性骨髄腫、キャッスルマン病、関節リウマチなどの疾患に深く関わっていることを見出す。

IL-6の異常産生を抑制する物質を検索した結果,IL-6の阻害活性を認めたものは抗IL-6受容体抗体のみであることを明らかにし,ヒト化抗ヒトIL-6受容体モノクローナル抗体の開発に成功する。

関節リウマチにはすでに抗TNFα抗体が使われておりトシリズマブは二番煎じのように捉えられる向きがあるが,使い分けることの必要性を説く。

更なる研究では,最近IL-6が自己反応性T細胞を抑制する制御性T細胞(regulatory T cell;Treg)と自己免疫やアレルギーなどの炎症反応で中心的な役割を果たすIL-17産生性ヘルパーT細胞(T helper 17 cell;Th17)の分化バランスを調整していることを突き止めた。そして、その作用はTNFαにはないことも確認している。


中外製薬関節リウマチオンラインより。

"流行" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント