広報

広報とは,public relations「市民や社会との良好な関係作りのまめのコミュニケーション活動」の和訳である。

人は,日々「自分広報」している。
TPO(time,place,occasion)に応じて,「ありたい自分」「あるべき自分」「目指したい自分」に見せようと自分を演出する。
幼いころから,自分が自分の「広報担当」なのである。

しかし,美しく見せようとすればするほど,素顔から離れ,行き過ぎて偽装に近づいていることになる。
自分に備わっている以上のものを,過度に見せようとしてはならない。

自分広報と同様,会社の活動をTPOに応じて,いかに適切に美しく見せてもらうかが,経営における広報の役割である。広報担当は,会社の「ファッションコーディネーター」であり「身だしなみの演出家(プロデューサー)」なのである。

湯浅正敏 『広告をキャリアにする人の超入門』

あれやりました。これやりました~。
どんなもんだい!
いいでしょ~。
広報し過ぎると疲れます。

個人的には
今電話の有難さを感じます。
22時にかけたら無礼だろうし
今忙しいかなと相手の状況を考えたタイミングの訓練にもなる。
今かけたら親が出そうだという状況もあった。

メールなら日曜でも、昼間平日いつでも気にせず良いということになる。
しかし、最近、訪問を自粛する業者は、セミナーの案内などはすべてメールで済ませることも多い。
メールの数も多くなり本当に来客の多い人は目を通すすらできなくなるのだそうだ。
こちらの返事を期待するメールもスルーされ、後で見られるときには埋もれてしまうことにもなる。
見てくれる時間に合わせてメールを合わせて出す工夫も必要かもしれない。

また、受けるほうでも何でも仕事の1つのアドレスで済ませることなく
複数のアドレスを持つなど大事なグループのメール、急がない情報をくれる相手を分ける必要があるようだ。

集まれミツバチさんブログパーツ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント