医薬品の取り違いと薬の評価

3月27日に開かれた厚生労働省の第24回医薬品・医療機器等対策部会のなかで報告された一つ。

降圧剤「ノルバスク」を処方すべき患者に対して、抗がん剤「ノルバデックス」を処方し続け、2回目の転院先で判明した事例。最初に受け入れた病院の医師は、「ノルバ」だけで検索をかけ、「ノルバデックス」を処方。夜間の緊急入院で、薬剤師による持参薬の鑑別もなかった。1回目の転院先でも、紹介状を通りに、処方を続け、2回目の転院先の医師が初めて気付いた。

という。

土屋文人氏は、持参薬の鑑別がされなかったことを問題視し、「持参薬については、『鑑別』ではなく、『評価』をするようにしていく必要がある」と指摘したという。

もう少し内容を知りたいところだが,
薬剤師としては,
検索時点でのマスタの一工夫に関与すること,
患者持込の持参薬への関与について例えば翌日には確認するなど
できたのではと。

うちの病院では持参薬の確認,入力,今後の服用スケジュールの確認は
ナースにお任せしてしまっているので何とも言えませんが。







集まれミツバチさんブログパーツ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック