横浜薬科大学に「不適合」の評価

大学基準協会は28日、2012年度に実施した評価結果を公表し、横浜薬科大学に対して「大学基準に適合していない」との評価を下したことが分かった。薬学部を設置している大学が不適合の評価を受けたのは今回が初めて。


 同協会は評価結果報告書で横浜薬科大学について、「『教員・教員組織』『教育内容・方法・成果』『学生の受け入れ』および『内部質保証』に関して重大な問題が認められる」とした。

 特に学生の受け入れに関する部分は深刻。初年度入学生では、6年間で卒業できた学生の割合が30.5%で、留年せずに薬剤師国家試験に合格した割合は25.4%にとどまっており、報告書は「著しく低い」と指摘している。

横浜薬科大学の経営母体である学校法人「都築第一学園」は今年2月1日、文部科学省に申請をせずに設備工事を行ったことや、それに伴う資金不足などが発覚し、文科省は大学設置の審査基準に違反したとして同法人に対して5年間新たな大学や学部などの設置を認めない旨の処分を下した。

 また、都築第一学園が運営する第一薬科大学も、10年の大学基準協会の評価で教員組織や財務面の問題を指摘され、不適合ではないが判定保留となっている。

個人的な感想としては,
生徒もそうだが,どんな教員たちなのかそれがただただ気になっている。

集まれミツバチさんブログパーツ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック