在宅医療の勉強会

保険薬局の中で機械のようにもくもくと仕事するのが嫌でやめた自分。

今では,ちょっと服薬するのが不安に見受けられる患者や,
通院困難な患者さんの家に出向いて薬を置きに行くだけでなく,
上がりこんで,服薬しているか,副作用は出ていないか確認するような業務も展開されている。

病院で言えば,私のしている病棟へ上がって患者に会いに行く、まさにそれと同じ光景だ。

少し保険薬局にも興味が戻ってきた気もする。

患者に届ける予約設定方法,患者宅に門前払いされることなく上がり込む方法,
重要事項説明書と負担金の説明と印鑑をもらうための具体的スキル。
生々しい講演でした。

病院なら,薬剤師は入らないよとも言われることは滅多にないし,
印鑑をもらう必要もないので楽と言えば楽。

薬局薬剤師と病院薬剤師の連携がまだこれからの課題であることに触れられていた。

病院薬剤師としては,
薬剤服用歴の記録,服薬指導内容の要点(粉砕,一包化,副作用など),
患者に渡した文書の写しを薬剤服用歴の記録にくっつけるという内容を
いつでも提供できるよう書式を準備しておくと良いのだろう。

集まれミツバチさんブログパーツ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック