インフルエンザと自宅待機期間

とある調査より。

「インフルエンザにかかった際の『自宅待機期間』に外出したか」との問いには、30.5%が「外出した」と答えた。「外出の理由」は、「食べ物・飲み物の調達のため」というやむを得ない理由が多かったものの、「熱が下がったから」「体のダルさが軽減したから」「仕事を休めなかったから」など、感染予防意識の低さや社会的な体制の不備による外出も目立った。

「外出時の行き先」を尋ねたところ、もっとも多かったのは「スーパー」の(55.7%)。次いで「コンビ二」が43.4%となった。「会社などの仕事」は32%だった。また「それらの場所に行く交通手段」は、「バス」が22.1%、「電車」が19.7%と、公共交通機関を利用している人が多いことが明らかになった。

インフルエンザの診断を受けた場合、症状が落ち着いてからもウイルスが体内に潜伏している可能性が高く、周りの人に移しかねない。そのため熱が下がってから2日あるいは症状がはじまった日の翌日から7日目まではできるだけ外出しないという指針が設けられている。自宅待機期間については「厚生労働省のQ&Aページ」で閲覧できる。

http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/inful_what.html

インフルエンザを疑い,病院に行って,その帰りに,食材を買い込み,
2日間~7日間,家から出るなというのは無理があろう。
で,一番行くのは飲料,食料を求めるところとなるだろう。
ノロにやられれば,食べるのもいやになり,身動きもできないほど辛いので家にいられるが,
インフルはそれだけ良い薬もできてすぐ治る病気にもなったとも言える。
全員がかかるわけでもなく,そんなに気にすることもないこともあるのだろう。

仕事、飲み会などで疲れた帰り道,ふと立ち寄ったスーパーで感染してしまう。
こんなことが無いよう,日頃の健康維持に努めたい限りである。



集まれミツバチさんブログパーツ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック