薬剤師のサービス

昨日近くのウェルシアに買い物に。

レジの女性,まったく笑顔なし。

ビニールはいかがしますか?

Tカードお持ちですか?
20日ですとポイントで1.5倍の買いものできます。

今の何ポイントは・・
900ポイントありますが
今日はお使いですか?

これだけのセリフがあったにも関わらず。

いつもご苦労さん,ウェルシアの社長だが,お客さん今日はどう?

何て言ったらどうなるのだろう。

さて,薬剤師のサービスとして,
どこまで患者さんに近づけるかだ。

今,本を読んでいる。
『世界一のサービス 十年前のお客様を忘れない』
下野隆祥
PHP新書

高級レストランのサービスマンのお話を堪能できる。
私もこんなサービスを受けてみたいし,また行きたくなるだろう。
サービスもしたくなる。

この間行った柏のレストランは私のお気に入り。
今の私にとっての最大のサービスをしてくれる。

客のオーダーを頭にインプットしたり,
料理を運んだ際も,○○の方は・・・でなく,その人の前にそっとお出しする。

そんな技術は薬剤師にも応用できるのだ。

○○号室の○○さん。
現在の薬は・・・
薬の効果は副作用は・・・・

バインダーに挟まれたデータを見ながら患者さんとお話する。
バインダーは私のお守りだ。商売道具だ。
しかし・・・・
患者さんにとっては視線の半分はバインダーに目が行く薬剤師を
不審がる可能性もある。何が書かれているのか不安になる可能性もある。

私のことを分かっていてくれている。存在に気づいてくれている。
それが大切だとするならば,
もっと患者さんのことを頭で覚える,知る努力が必要だろう。






集まれミツバチさんブログパーツ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック