今日の仕事から・・・

病棟に上がり、入院患者の服薬指導をするようになって11年が経った。
その指導内容については,2年間保存する必要がある。

今日はその当時から溜め込んでいた指導記録をシュレッダーする日にした。
一様内容を見ながら。。

一年で300人,10年で3,000人に服薬指導してきたわけだ。
10年前の記録はすべてが手書きで,きたない字で書かれている。
細かく書かれているときもある。
平成13年10月から開始したが,そのまさに初めての記録は,
なんとなくシュレッダーできない。記念品だ。第一歩だから。

その指導するに至るまでの道のりは結構に大変だった。
許可制では無くなっていたが,届け出の書類をすべて作った。
他の病院にお邪魔して参考にした。
他に届出しようとしている施設が集まった講習会にも参加して,
いろいろ情報を得た。

そして何より,内部の問題。
平成10年から院外処方を発行してから3年。

院外処方せんのチェックなどつまらない仕事を仰せつかり,
明らかに仕事上、手が空いていた。

消極的な上司。
年間50万しかいかないし・・・・

このままではいけない。

私の薬剤師になった目標は””病棟での服薬指導”であったので,何とかしなくてはいけなかった。

事務を通して,打開してもらった。
上からの業務命令ということにもっていった。

2ヶ月くらいはカルテを持ってきて,実際の記録を作ってイメージトレーニングをした。

記録を見るとそんな当時を思い出す。

抗生剤のシロップの作り方も変わった。
持参薬の一包化もするようになった。
注射もセットするようになった。

薬局から出われるようになった。
看護師と話すことができるようになった。
年間300万円の増収となった。


そして何より患者の顔が見えるようになった。
辛そうな顔,厳しい顔,眠そうな顔,明るい顔。
そして,ありがとうございました。お世話になりました。という言葉。

そうそう,今日の朝,
退院する患者さんにうちの甥っ子も薬剤師で,
よく似ていらっしゃる。と。
ごめんなさい。立派な方に向かって・・・・

(ごめんなさい。昨日散々ワインを飲んで,いつもよりゆっくり丁寧にお話ししているのです。
いや~、少しづつ美味しいつまみを食べながら最高でした。)

窓口に近所の大病院の薬剤師が。。
お子さんの治療に付き添われて見えたようです。
私が研修時代を終えた病院にそのあと就職された先輩でした。
きのうどこどこ病院の先生方と会っておりましたよ。とも言えず。。

学会発表されてるのですか?
2~3年前までやる気満々でしたが,しばらく下降してまして。
お互いガンバりましょう。ということで〆ました。
せめて連絡先でも聞いておけば良かった。

つながっています。

人の輪も増えたし、
自分のやってきたことに間違いと思っている。



集まれミツバチさんブログパーツ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック