癒しのひととき〜A time of healing

アクセスカウンタ

zoom RSS 気遅れ

<<   作成日時 : 2015/09/11 11:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

薬薬連携の研修に出てみると、
いつも気後れする感がある。

病院も薬局も仲良くやりましょう。

というコンセプトの中,

自分の施設が病院として見られてはいない。
というだけでなく,
やっていること自体,皆さん凄過ぎて,自分のところはこんなんで良いのか?
という気分になる。
そして,
この仕事場で自分は正解なのか?

朝,1週間について,
月から月のことか,月から日までのことかで
2つの職種間であーでもないこーでもない言い争っていると聞き,
何て次元の低い馬鹿げていることに時間を割いていると思うのである。
挙句の果てに私を巻き込もうとしている。

こんなでも
自分には今の職場で合っているし楽しいし適していると慰めてみたり。。。

いつももやもやして帰ってきます。

今日はエレベーター待ちのとき,
わがまま不人気中堅Drが,若干疲れている面持ちで,
自分ここに必要とされているのかわからなくなると言うので,
まさに同じ心境。
いや,みんなそう思っていると答える。

身動きもとれないので,結局は続けるしかないと思い直すのである。

前の上司はまったく勉強会にも出ず,仕事場と家の往復だけの人だった。
ある意味それはそれで余計な情報が入らないのだから幸せな気分で働き続けることができる。

ただ,それは自分の中では認められないので,外に出て他の人と接触することになる。
気後れをしないようにするには,対話しないといけない。
我慢もしなくてはいけないし,努力もしないといけない。

あと肝心なのは気持ちの入りようだ。
そして,一つづつ親切丁寧にそしてあきらめずに地道に続けていれば
きっと良いことがあると信じて繰り返し言い聞かせることだ。
それしかない。







こんな職場でも生きているだから良しとするか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
〜私の思い出の地〜
  • 富士山2012(写真)
  • 2013の庭
  • 一度行って欲しい宿!アットホームおおほり
  • ラフティング!水上:フォレスト&ウォーター
  • 気遅れ 癒しのひととき〜A time of healing/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる