癒しのひととき〜A time of healing

アクセスカウンタ

zoom RSS 百姓〜お百姓

<<   作成日時 : 2013/03/05 13:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

都市を洗練、田舎を野卑とする古くからの観念とあいまって、

戦後社会では百姓を農業に従事する者に対する差別的な呼称であると捉える傾向[要出典]が生じ、このため農業従事者が「百姓」と自称する場合を除き、マスコミなどでは「百姓」という表現を控える事が多い。歴史を取り扱ったテレビ番組で本来の意味での百姓身分を指す場合ですら「農民」という言葉に置き換えることが通例である。水戸黄門などでは農民を徳川光圀が呼称する場合「お百姓」と接頭辞「お」を付けている。
現実の農業従事者は必ずしも百姓という呼称を差別的だととらえているとは限らず、むしろ一部の篤農家は自らを誇ってあえて百姓と自称する向きも見られる。こうした篤農家には歴史的百姓層が自らさまざまな生業を兼ね、またモノカルチャー化を避けて多様な農作物を栽培したことの復権にアイデンティティーをおく者もいる。

ウィキペディアより

今年は地域でわずかばかりの畑を借り,
農耕をしようと思っている。
子供の教育としても,親の運動不足解消としても良いのではと思う。

百姓という言葉は差別か?
と思って調べてみたのだが,そうでもないようだ。

何を植える?枝豆ははずせないやら,サツマイモ,ジャガイモ・・・
いろいろ希望は出てくるが,

そのうち,虫がヤダとか,蚊がヤダとか,
土をつけて家に入らないでとか始まるであろう。

虫の好かない野菜なんぞ野菜ではないとよ。

幼虫の這い出てくるキャベツなんて気持ち悪くて,
生では食べられなくなるだろう。

シャベルなら使えるが,鋤や鍬なんて使ったこともない。
どんなお百姓になるんだか分からないが、
期待は出来る。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
〜私の思い出の地〜
  • 富士山2012(写真)
  • 2013の庭
  • 一度行って欲しい宿!アットホームおおほり
  • ラフティング!水上:フォレスト&ウォーター
  • 百姓〜お百姓 癒しのひととき〜A time of healing/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる