癒しのひととき〜A time of healing

アクセスカウンタ

zoom RSS 山極勝三郎と加藤寛

<<   作成日時 : 2013/02/04 08:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

ドイツ留学へ。

ベルリン大学のウィルヒョウ研究所でコッホが発表したツベルクリンの研究を行う目的で。

初めて研究室を訪れた際,並んだ頭蓋骨の一つが動いたように見え,
勝三郎は思わず後ずさりする。

「下がるな。東洋から来た人。」

動いたのはウィルヒョウの頭だった。

「下がるな。下がってはいけない。進歩的な国民は下がってはいけない。
いつも前へ前へ前進するだけだ。」

ウィルヒョウは握手の手を差し伸べた。

円満,高潔な人柄のウィルヒョウは「いつも人のためになることを地道に実践せよ」が信条であった。

一方のミスター税調 加藤寛氏も社会に役立つ「実学」の実践に取り組んだ経済学者だった。
国鉄民営化,消費税3%から5%への引き上げに尽力したという。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
〜私の思い出の地〜
  • 富士山2012(写真)
  • 2013の庭
  • 一度行って欲しい宿!アットホームおおほり
  • ラフティング!水上:フォレスト&ウォーター
  • 山極勝三郎と加藤寛 癒しのひととき〜A time of healing/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる