癒しのひととき〜A time of healing

アクセスカウンタ

zoom RSS 山形弁のアメリカ人

<<   作成日時 : 2013/01/12 22:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

山形弁を使うユニークなアメリカ人
ダニエル・カール  産経新聞2013.1.12

智弁学園高校に留学生で来た時ちょんまげ、刀を差した人がいなくて「ちょっとがっかりした」という。

思ったことは
治安も良く普通人でも教養が高いので話をしていて面白い。
もっと日本人は自分の国を自慢していいという。

初めて留学したときから守っていること
AFS日本協会事務長の加藤紀美江氏の言葉。

「シャイでいれば勉強の量が限られる。
やらず嫌い,食べず嫌いほどダメ。毎日がチャンスだと思うべきだ。」

チャンスは誰にでも何度か回ってくる。
その時、受けることができるかは,その時までに自分の可能性を伸ばしてきたかどうかだ。という。


用意周到。
努力は報われる。
そんなところだろうか。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
〜私の思い出の地〜
  • 富士山2012(写真)
  • 2013の庭
  • 一度行って欲しい宿!アットホームおおほり
  • ラフティング!水上:フォレスト&ウォーター
  • 山形弁のアメリカ人 癒しのひととき〜A time of healing/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる