癒しのひととき〜A time of healing

アクセスカウンタ

zoom RSS 麻酔科に向く人と向かない人─森田潔・日本麻酔科学会理事長

<<   作成日時 : 2013/01/24 17:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

m3.comより。

麻酔科に向いている人と向いていない人がいると思います。
自分が主役を目指す人は向いていないと思います。
周術期医療の主役は外科医だからです。
患者は麻酔を受けに来るわけではありません。

麻酔科は現実的に医療の成績を左右する地位にあるところは魅力です。
技術や知識が患者を左右します。表に出なくとも左右することに喜びを感じられる人が向いている。
将来、調整能力に優れた人になります。管理者になる人が多い。
人を使って医療をする。看護師、薬剤師、理学療法士、全て含めた指導者、
マネジメントのトップになる立場です。

麻酔科医に向いているか、外科医に向いているか、若い人にはそこが大切だと思います。
向いていないと悲惨です。麻酔科は許容量が広いとは思っています。

──若い人を見ていて、向いているなと思う場合はありますか。

 ひたむきな人は向くと感じます。現場に文句を言う人は向いていません。
麻酔科は医療従事者からクレームを受ける診療科です。
外科医や看護師から厳しい批判を浴びます。
患者からは寝ていますから文句を言われることはありません。
患者からの矢面に立たないので楽な面はあります。
半面、文句が言われるのが患者だと、ある程度、医師からの説明で曖昧にできる部分もあります。
麻酔科医はお見通しの人と話さないといけない。逃げらないわけです。攻撃よりも守りですね。

座右の銘はありますか。

 「自分の立場は自分で作る」。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
〜私の思い出の地〜
  • 富士山2012(写真)
  • 2013の庭
  • 一度行って欲しい宿!アットホームおおほり
  • ラフティング!水上:フォレスト&ウォーター
  • 麻酔科に向く人と向かない人─森田潔・日本麻酔科学会理事長 癒しのひととき〜A time of healing/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる