癒しのひととき〜A time of healing

アクセスカウンタ

zoom RSS はじめの自分

<<   作成日時 : 2012/09/12 12:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2012.9.12産経新聞
加島祥造

人間は大人になるにつれて「社会の自分」が大きくなっていく。

競争に夢中になって「負けまい,負けまい」と懸命に働く。
会社のためにエネルギーの80%も使ってしまう。
それはなぜか。恐らくレールから外れるのが「怖い」からだろう。
そんな生活を続けていると肉体的にも精神的にも疲れる。
50代,60代になれば「空っぽ」の人生になってしまう。

それは競争社会での喜びであって生きている喜びではない。
だから,都会の競争から外れて田舎の教師になった。
30代,40代というのは,社会的にも家庭的にも責任のある地位に就く時期だから
”ダブルの縛り”に遭うんだ。付き合う人もだんだんと,その”縛りの中だけ”になってゆく。

「社会の自分」だけでは生きていけないことは事実である。
要はバランスだ。偏り過ぎているから「はじめの自分」を取り戻さなくてはいけない。

「はじめの自分」とは生まれたれの赤ん坊のこと。
素直で明るくて善の性を持っている。

「はじめの自分」を無視して社会で競争ばかりしていると生命力は減退し,人間的魅力や温かさに欠け,
他人の痛みも分からない人間になってしまう。

ボクはまず大の字になって寝転ぶ(笑い)。
自分のどこがアンバランスだったか分かるんだよ。



家族のため,日本のためと思えばそれが競争のレールであっても良いのかもしれない。
競争がなければ金メダルもいらないし,良い薬も生まれない。

ただ,40歳を目の前にして確かに自分の時間がなくなっている気がしているのは確かだ。
私も帰ったら大の字になって少し考えてみることにしよう。


The 2012.9.12 Sankei Shimbun
Shozo Kajima

A human being comes to have a big "oneself social" as I become an adult.

" We work hard. I use 80% of energy for a company. Why is it?

Probably deviating from the rail "fear" So, We are tired physically and mentally.
Finelly it is the life of "the emptiness" if we become in my 50s or 60s.
It is joy in the rat races and is not joie de vivre.
Therefore I was off urban competition and became the teacher of the country.

It is a fact only by oneself that I cannot live.
It is balance to be important.
You must regain "oneself of the beginning".
"Oneself of the beginning" is a baby of the birth sauce.
It is obedient and is spirited and has the nature of the good. When you ignore "oneself of the beginning" and do only competition in society, the vitality declines, and lack to personality, we become the human being who does not understand the pain of another person.

At first I lie sprawled out, and I fall down (laughter).
I know whether one's where was unbalanced.


For a family, if I think for Japan,sometimes it may be a rail of the competition .
Therfore we do not need the gold medal without competition, and the good medicine is not created.
But it is reliable I do 40 years old in front, and to feel like not surely having one's time.

Let's decide to sprawl if I return, and to think a little.



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
〜私の思い出の地〜
  • 富士山2012(写真)
  • 2013の庭
  • 一度行って欲しい宿!アットホームおおほり
  • ラフティング!水上:フォレスト&ウォーター
  • はじめの自分 癒しのひととき〜A time of healing/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる