癒しのひととき〜A time of healing

アクセスカウンタ

zoom RSS 疲れた姿にスキ!時計詐欺に注意(これか!)

<<   作成日時 : 2012/06/26 13:00   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

疲れた姿にスキ!時計詐欺に注意(これか!)

肌寒い18時半過ぎの仕事帰り,疲れた表情,歩きでゆったり駅まで向かう。
そんな獲物を狙った者がいる。

向こう側の車線に泊まった白い車から声が。
すみません〜。電話勧誘に良く遭遇する私は,その作り声で分かる。
振り向けば明らかにヤンキーだ。助手席にも屈強そうな男が乗っている。
よくもそんな声が出せるのかが不思議な程の面構えをしている。

道でも分からないのかな??
こちらから寄り始めたとき,
「道を聞きたいとかでは無いのですが・・・」

「余っているんでもらってもらえませんか?」
箱に入った金のペアウォッチを見せている。

これが本当に欲しい時計やら財布だったら見入ってしまうかもしれない。

「ははっ。結構です〜」
それを聞いて,スーッと車は行ってしまいました。
ナンバーとか控えておけば良かったな〜。と。

弱った虫に蟻がたかって生きているうちに食べてしまう。

自分も弱そうに見えるんだな〜。断られない人間とバレているのかな〜。いや,金持ちそうに見えたのかもしれない。自分を見直す機会にもなりそうだ。

ただ程高いものはない。変な人に声かけられても付いていってはいけないよ。人様に迷惑をかけるな。
こんな言葉が必要なのは幼いときだけではない。大人でも繰り返し言わないといけない。

調べたてみれば,やはり“時計詐欺”というもので,まったく同じ事例がたくさんありました。
飲み代を求められるのですね。ボーナス時期なので,狙われやすくて,彼らにとっても稼ぎ時なのかもしれません。
しかし,こういうことをして生きている最低な人間もいれば,まともに働いてぎりぎりのところで何とか生きている人間。人類みな兄弟なんて綺麗ごとは言っていられない。
もし,自分の子がこんなことをする人間になってしまったら親も連座だ。

帰ってからの夕食のとき,子供に言われる。
お父さんとお母さんがいなかったら私たちはいなかったんでしょ。
いろいろ考えると何で生きているかわからなくなるよ。

人間は遺伝子を運ぶ船だよ。←どこかで読んだ言葉。

船なの?

自分という人間は遺伝子によって生かされてる。それで子孫を作ってつなげていくんだよ。
あと,人にどのように役に立つかも大切なことだよ。

それを話していると,先ほどの人間を思い出す。変な遺伝子を受け継ぐ人も少なからずいる。親の責任は重大だ。

<事例>

@時計詐欺

仕事で道を歩いていたら。車に乗った兄ちゃんに声をかけられました。
なんでも、時計の展示会かなんかで、ペアウォッチが余ってしまって
持って帰ると給料を減らされるから貰ってくれないか?
とかいう話でした。
俺は普段腕時計をしないし、ウサン臭い話やな。とも思ったのですが
まあ、話のネタにでもなれば、と思って話を聞いたのが運のツキでした。

飲み代として、いくらか寄付してくれ。
と言われて、たまたま手元に会社の金が20万円くらい。
全部万札だったのも不幸だったなあ、結局1万円渡しちゃいました。

帰ってきてみて、ネットで検索してみたら、数年前から同じ手口の詐欺が
あったみたいで、みごとに引っかかったことを悟りました。

この場合、引っかかった俺が全面的にヌケサクであったと思う。
それにしても1万円は払いすぎだったな。

皆さん気をつけましょう。

A時計あげます詐欺

ジムのトレーニングを終えて最寄りの西小山駅から自宅に向かって歩いていたところ、紺色の高級車に乗った二人の男性に声をかけられました。
詐欺師「すみません、道を聞くとかじゃないんですけど」
Nyaboo「はぁ」
詐欺師「この時計、もらってくれませんかねぇ」
渡されたのは、白い化粧箱に入ったペアウォッチでした。
派手な装飾の施された金色の腕時計で、いかにも成金趣味の下品なシロモノです。
ちょっとだけ話を聴いてみることにしました。
詐欺師「今日、展示会があったんですが、これ持って帰ると社長に怒られるんで」
詐欺師「今の時間だと質屋も開いてないし」
詐欺師「こちらの、プラチナのネックレスも差し上げますから」
詐欺師「質屋に持って行けば、40万円にはなる物ですから」
詐欺師「ただ、この後、飲み会をやるんで、飲み代だけ出してもらえませんかねぇ」
Nyaboo「そういうことなら、要りません」
時計とネックレスを返すと、詐欺師は舌打ちして車を発進させ、どこかに去って行きました。

B詐欺に引っかかってみました。

◆被害額-1500円
◆獲得物-よくわからねぇ腕時計
◆場所-住宅地の道路
◆状況-自転車漕いでたら車から声をかけられる

時刻1230、予備校帰りに自転車漕いでたら車から声をかけられた。
道でも聞かれるのかと思ったらどうも違うようだ。
その内容は
「会社の展示会で腕時計100個発注したけど私の手違いで一個多く発注してしまったので君にあげるよ。今新宿の会社への帰りなんだけど、このまま持って帰ったら始末書書かされて減給されてしまう。だから人助けと思ってもらってくれ。」
要約するとこんなことを言ってたと思う。
ここまでで終わったら俺は怪しいと思いつつもラッキーと思って帰っていただろう。
しかし段々風向きが変わってくる。
「それでなんだけど、なかなかその時計はいいものなんだよ。だから私の飲み代分くらいでいいのでお金くれないか。」
この時点で怪しさ全快。
やはり悪徳商法のお方でしたかと納得。
まず100個の発注で1個だけの発注ミスなんてありえない。
100個発注して101個発注するってどんな風にミスすればできるのだ。
そしてこのあたりで相手は助手席においてある時計のカタログに俺が気づくようなしぐさをし、実物を取り出して見せてくる。
助手席にあるカタログにはロレックスの文字と何10万クラスの値段が書かれた時計の写真。
相手もこれが何十万クラスの時計として話を進めてくる。
このさりげない演出はうまいと普通に思ってしまった。
けど実物のほうはひどいデザインの金ピカ時計。
とてもロレックスなんかには見えなくどっからどうみても『頑張って高く見えるように作ってみましたもちろん安物ですけど、てへっ。』な時計。
飲み代というと5000円以上を相手は期待しているのだろう。
まぁ、そんな金持ってるわけないのが俺クオリティなわけでして。
そのときの所持金1500円。
家に帰れば卒業祝いやらで潤っていますが所持金に関しては1500円。
「そんな金はない」と告げると「ならおろしてこいや」な内容のことを言ってくる。
「学生だからそんなおろせるような自由にできる金はない」と告げると「ならすくなくてもいいから財布の中身全部だせや」な内容のことを言ってくる。
このやり取りでどう考えても相手はすでにタダの会社員なんかのわけはなく悪徳商法の方とバレバレです。
しかし、このときの俺の心境は『押すなと書いてあるボタンを逆に押したくなる心境』『ゲームでバレバレの罠を見つけるとあえて飛び込んでみたくなる心境』
詐欺だとわかってるけどもここで引っかかっとくと面白い!?なんて考えてしまうかなりダメな心境に陥ってます。
馬鹿だとわかっていてもあえて飛び込んでみたくなってます。
要は怖いもの見たさなんですが。
結局引っかかる俺。
なにやってんだろうなぁ……
別に後悔とかはまったくもしてませんが自分の馬鹿さ加減には呆れてます。
これもAB型の血がなせるワザか?(ぇ
そして家帰って調べてみると案の定詐欺です。


本当に気をつけてとしか言いようがないです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
〜私の思い出の地〜
  • 富士山2012(写真)
  • 2013の庭
  • 一度行って欲しい宿!アットホームおおほり
  • ラフティング!水上:フォレスト&ウォーター
  • 疲れた姿にスキ!時計詐欺に注意(これか!) 癒しのひととき〜A time of healing/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる