癒しのひととき〜A time of healing

アクセスカウンタ

zoom RSS 早出出勤

<<   作成日時 : 2012/02/10 17:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

17時までの仕事を心がけることで,自分の時間を作り出す。
こういう心構えを持ってきた。(ここ2週間!)

すると,17時までに終わらないので1時間だけ残っていけば,
明日の朝の仕事が楽になる。と思えるときがやはりやってくる。

さて,迷いどころだ。

自分の時間を削り,残業代2,000円を取るか。
時間では買えない自分の時間と体力,精神的な疲労を溜め込まない方向に持っていくか。

結果,後者を選択する。

ではその残った仕事はどうするか。

それは,
次の日に早く出てきて済ませようという結論に達する。

早く帰ってやりたいこと。
まずは走りたい。。
ここのところ,異様にストレスが溜まり,表情も厳しい。
眉間にしわがより,無表情になっている。
だれか誘って飲みに行くか。。
そんな気持ちが強くなる一方で,
飲んで肝臓使って余計に疲れたりするかもしれない。
お金もいる。時間もいる。妻への言い訳もいる。

走れば何とかなるかも。。

実際に2月26日の深谷マラソンに向けて練習しなくてはいけないし,
1月は結局トータル20kmも走れていない。

帰ってすぐ着替えて,走ることにした。
下の子が行かないで!
と言ってもそうはいかない。

じゃ一緒に走るべし!。
体慣らしも兼ねてまだ年長の子に750m泣きべそをかきながらも帆走させる。
それが終わると流石にあきらめたのか,
じゃ,お父さんはあと2周してくるね。
といって,家に帰し,自分はスピードを上げて走る。

やはり気持ち良いです。

もちろんランニング後の左膝のクーリングは欠かしません。

早く帰るとその分,家事が増える。
何のために早く帰るのか?とも思える。

皿洗いは?結局自分かよ。。
家事のセットになっている,あしたのお米もついでに。。

その他,明日のシャツのアイロン,靴磨きもある。

でも明日はとにかく早く起きるんだ。

結局自分のためと思ってできたことは,
帰宅通勤時間の読書(官僚に学ぶ仕事術 久保田崇:結構に面白い!)
と,ジョギング,あとは少し残った体力か〜。。
こんなもんかな。。

布団に22時半に入ったらすぐ寝てしまう。
夢は仕事している夢。
滅多に見ないのに。

翌日5時起床。

いつも8時10分から30分の間に会社に着くところ,
7時40分に到着。

やらねばならぬ仕事は,
その日に退院する患者さんへ渡す文書と服薬指導。

しばらく退院時に服薬指導しても点数がもらえず,
あまり真剣にやらない期間があったのですが,
22年4月から薬剤管理指導料90点が算定できることを,
ここ数ヶ月で気づいて,それから,結構真剣に取り組んでいます。

情報提供に文書を作成するのに1人10分はかかるので,
できれば前日までに作っておきたいというのが自分のやり方なのですが,
今回のように残業になりそうだったので,特別朝早く来てやったという内容。
今日は6人実施しました。540点。5,400円の売り上げ。
悪くないでしょう。

お薬手帳も持ってなければ無料でお渡します。(原価は40円くらい,いや,カバーもつけているので60円)
退院する最後の印象が良くないといけないと思って,持って帰る薬はきちんと確認します。
自分の名前とメール連絡先も書いて手帳に貼り付けますが,
本人から来たことはありません。

でも先日,初めて連絡がきました。
しかもどこかのがんセンターの薬剤部から。
そちらのお薬手帳見てるんですが,
○○を何日にどれくらいの量で,uあたり何ミリですか?
という内容で,緊張してしまいました。
見ているひとは見てるからしっかり書こうと思いました。

昨日走ったせいか,
相性の悪い上司が休みなせいか,
結構気分が乗って調子が良いです。
というのがオチになります。






時仕事を

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
〜私の思い出の地〜
  • 富士山2012(写真)
  • 2013の庭
  • 一度行って欲しい宿!アットホームおおほり
  • ラフティング!水上:フォレスト&ウォーター
  • 早出出勤 癒しのひととき〜A time of healing/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる