癒しのひととき〜A time of healing

アクセスカウンタ

zoom RSS 池上彰氏のコラムより。

<<   作成日時 : 2011/11/09 08:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

社会の中でこそ私たちは生きていける。
社会に認められてこそ私たちは生きていける。
自分の生きがいって何だろうか。
人に感謝されることが生きがいだと思う。

震災地の人は自分の周りが落ち着いてきた数ヵ月後に自殺する人も増えるとのこと。
見捨てられる,忘れられていると思うから絶望するのだ。

震災地の人々に何らかしてあげたいけど,
忘れていませんという気持ちを持ち,
直接の援助ができなくても今のしている仕事,買い物などを通じて,
震災地の援助になれば良いと思っている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
〜私の思い出の地〜
  • 富士山2012(写真)
  • 2013の庭
  • 一度行って欲しい宿!アットホームおおほり
  • ラフティング!水上:フォレスト&ウォーター
  • 池上彰氏のコラムより。 癒しのひととき〜A time of healing/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる