癒しのひととき〜A time of healing

アクセスカウンタ

zoom RSS 吉田松陰

<<   作成日時 : 2011/09/01 17:36   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

新聞より。。。

学を為すの要は己が為にするにあり。
己がするの学は,人の師となるを好むに非ずして自から人の師となるべし。

難しくて解釈がしづらいのであるが,
すぐに先生になりたがる人が多いということを諫めているのだそうである。
学をなして後世に名前を残したい。人に敬われたい。偉くなりたい。。。
というのは,もっともな考え方だと思う。

後輩を育てるのも子供を育てるのも,
教え過ぎは良くないということなのか。
すぐに人に聞かないで自分で考える癖をつけるということでもあるのか。

仕事をするにも,自分の利益,業績を考えるのもごもっとも。
それが会社のために,お客のためになるのであれば良いか。
仕事仲間に不満,不信,怒りを与えたとしても許されるのか?

孟子もこう言う。
人の患いは好んで人の師になるに在り。

これまた同様難しい。

子供が夏休みの宿題をしています。
その題名も”癌について”である。

模造紙にどういう内容で書くか,書けるのか悩んでいたようでいたが,
仕事を終えて帰宅すると案外うまくできている。

誤字の指摘を少し。

気になることを指摘。
癌は心臓以外のあらゆるところに出来る。とあえて書いてあるので,
何で心臓には出来ないか?
について書いてみては?と提案する。

翌日,インターネットで調べたようで,追記されていた。

それから,癌になることの恐怖も備わったようで,
焦げが怖い,早く寝なくては・・・と言っている。

図書館に行かずとも情報が得られる時代。
ネットで十分な回答なのかは不明だが,有効な手段だと思う。

ついで,私が出会った患者さんについて,
話もしました。どういう。症状で,どういう手術をしたり,
どういう薬を使って,どういうようなことをしているか。

滅多に仕事の話は持ち込まないのですが,
これまたハウツー本から仕入れた情報によれば,
子供は父親の仕事を知らなさすぎることが,
自分の職業を決められないまま大人になる傾向がある。
父親はどんな仕事をしているかをどんどん話すことによって,
道しるべとなるのだと。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
〜私の思い出の地〜
  • 富士山2012(写真)
  • 2013の庭
  • 一度行って欲しい宿!アットホームおおほり
  • ラフティング!水上:フォレスト&ウォーター
  • 吉田松陰 癒しのひととき〜A time of healing/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる