癒しのひととき〜A time of healing

アクセスカウンタ

zoom RSS 9.11 キューテンイチイチ &3.11 サンテンイチイチ

<<   作成日時 : 2011/09/13 18:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

世界貿易センタービルの事件から10年。
そして,3.11の大震災からちょうど半年。

ビルに激突する飛行機の映像を見たときの驚きは今でも覚えている。
8時46分北棟(10時28分崩壊),と9時3分南棟(9時59分崩壊)。

折しもそれより20日位前の8月お盆明けから1週間,妻と1歳半になる子供を連れて
アメリカに旅行していたのである。
あえて安い時期に合わせて旅行を9月にずらしていたたならば,どうなったであろう。
しばらくの間,帰れなくなったことを考えると恐ろしくなった。
一方で,思い切って小さい子供を連れて強行して旅行していなかったならば,
その後当分行くことはできなかったであろう。
向こうの縁のある人に会うこともためらわれたであろう。

10年が経ち,子供は11歳になった。
向こうの知人は何をしているだろう。
元気にしているか連絡でもとってみようと思った。

20年前に高校卒業時期に行った短期ホームステイ。
勉強時期も終わって,友人と会うこともなくバイトなどをしていたが,無口?根暗?な自分だったが,
親を説得して何としても行きたかったのだ。
そして40万円くらいしたと思うが,それは実現された。
ホームステー先の家族とその周りの人々と生活するうちに,
つくづく思ったことは,みな気さくで明るいということ。
何故自分はこんなに話さないのだろう。。

まさに考え方に大きな変革をもたらした旅行だったと思う。
アメリカにあこがれを持ってしまった。
アメリカの人間。空気。お店の香り(今では普通だがポプリの匂いが立ち込めている)。

ハイテンションで日本に帰って来たことを覚えている。
そして本の数日後に大学に行ったもんで,
アメリカ的な行動が数奇に映ったに違いない。

大学時代,社会人を15年経験してみて,
また時にアメリカ映画をみたりすると,
やはり明るくて、ハイテンションで,話のオチ,ジョーク(特にブラック)の入れ方がうまくて,
まねしたいと今でも思う。(日本語訳がうまいだけかもしれないが)

そしてその10年後,今から10年前,そのホームステイ先に再訪したのである。
感動の再会は果たした。
一方で・・・
英語はちっとも上達しないこと,言いたいことが言えない歯がゆさを持って帰ってきたのである。

10年後の今,相変わらず英語は上達はできないまま。
でも,あきらめてはいない。ネイティブな会話ができるようになりたい。

It is ten years from the case of twin towers.
And it is a half year from 3.11 great earthquake disasters just.

I still feel the surprise when I watched the picture of an airplane crashing into a building.
8:46 north ridge (10:28 collapse) and 9:03 south ridge (9:59 collapse).

Doing it was with the child that it was with a wife than it for 1 year old and a half for one week after the Bon Festival in August around 20 days ago in an occasion and traveled in U.S.A.
How the shelf mule which put off a trip in total in September would turn out daringly at cheap time.
It became terrible for a while when I thought about that I was not able to come back.
On the other hand, I may not go for the time being afterwards if I was with a small child decisively and forced it and did not travel.
Meeting the person with the relationship over there would be hesitated about.

Ten years passed, and the child became 11 years old.
The acquaintance over there will do what.
I intended I was well, or to take even the communication.

The short-term homestay that I performed at graduation from high school time 20 years ago.
The study time was over, too and worked as parttimers without meeting a friend, but it was oneself taciturn, gloomy, but I persuaded a parent and wanted to go somehow or other.
And I thought that I cost around 400,000 yen, but it was realized.
All are openhearted, and it being bright to have thought utterly while I live with the people of the family of the home stay point and the circumference.
Oneself who is why will not talk so much.。

I right think that it was the trip that brought a big change for a way of thinking.
I have had admiration toward U.S.A.
An American human being. Air. The fragrance (I am common, but am filled with the smell of the potpourri now) of the shop.

I remember that I returned to Japan in high tension.
And a U.S.A.-like action was strange, and it must have just seemed to the university a few days later because I went.

When I experience a member of society for 15 years and sometimes watch an American film again in college student days, after all I am cheerful, and high-tension, point of the story, how to put in jokes (black in particular) are delicious and still think that I want to imitate it. And I revisited it now (Japanese translation may be only good) in the homestay ten years ago the ten years later.
I achieved the reencounter of the impression.
On the other hand, it is ...
The English took the impatience that could not say that I did not improve at all, that I wanted to say home.

Without, in now ten years later, the progress can speak the English as ever.
But I do not give it up. The conversation that is a native wants to come to be possible.













テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
〜私の思い出の地〜
  • 富士山2012(写真)
  • 2013の庭
  • 一度行って欲しい宿!アットホームおおほり
  • ラフティング!水上:フォレスト&ウォーター
  • 9.11 キューテンイチイチ &3.11 サンテンイチイチ 癒しのひととき〜A time of healing/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる