癒しのひととき〜A time of healing

アクセスカウンタ

zoom RSS 礒 絵里子 ヴァイオリン・リサイタルwith浦壁信二

<<   作成日時 : 2011/08/25 12:31   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

礒 絵里子 ヴァイオリン・リサイタル
ラ・ジターナ〜情熱の舞〜
with浦壁信二

http://www.lilia.or.jp/event/2011/20110824/index.html

以前礒さんの四季を聴きましたときに感銘を受けて,
購入しておいたチケットです。

ただ・・・・・・
旅行から帰ってきて,月火水と仕事しましたので,結構疲れが溜まっているせいか,
耳に入ってきませんでした。始めのうちは。。
後から礒さん自身のお話で,始め湿気がすごいな〜と思ったが,だんだん空調が効いてきたとおっしゃるのを聞くにつれ,湿気でも音の響きが違うのかもしれませんね。

サラサーテのツィゴイネルワイゼンを聴いたらすっかり目が覚めました。
始めて最後まで聴くのですがとても気に入りました。
ブラームスのバイオリンソナタ2番が特別染み入りました。

このコンサートでは,ちょこちょこお話が入りとても親近感が湧きます。

震災の話がメインになります。
あの日から日本人のものの考え方がすっかり変わってしまったのではないでしょうかというところから
始まります。
私は,自転車通勤を余儀なくされたときの,
あの日光街道の大渋滞を見て涙したときを思い出し,悲しくなります。

印象的だったのは3.11以降1週間はバイオリンを手にできなかったこと。
でも弾いてみたら,心にエネルギーが満ちていくのが分かり,
やはり自分には楽器が必要なのだということを悟ったということでした。

また震災地に出向いてコンサートを開いていて,音楽を聴くとほっとすると現地の人がおっしゃるのだそうです。

浦壁信二さんの優しげで控えめな感じが結構気に入りました。

アンコールの曲は浦壁さん独り舞台か?と思いきや,
礒さんが途中の扉から出てきて,
通路を移動しながらバイオリンを弾いてくださって,感動しました。
後ろから聴く音は初めてです。
まさに目の前を通過して弾くのを見るにつけ,
こんな小さい楽器がなんでこんなに良い音を出せるのか不思議で仕方ありませんでした。

久しぶりに聴いていて泣けるコンサートでした。

購入したCDにサインを頂きさらに握手もして頂きました。
もちろん,以前,四季を聴かせていただきましたと一言話しました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは、月見バーガーと申します。
あし@コミニュテイから伺いました。
ブログ記事、楽しく拝見させていただきました。(o^-^o)

ランキングの応援クリックもさせていただきました。凸凹

お時間がございましたらこちらも応援クリックしていただけるとうれしいです。

↓下記のURLにある参加ランキングバナー×2ポチお願いします。m(_ _)m
http://tac.web.infoseek.co.jp/tukimi/tukimi.html

また、お伺いしますんで\(^o^)/
月見バーガー
2011/08/26 22:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
〜私の思い出の地〜
  • 富士山2012(写真)
  • 2013の庭
  • 一度行って欲しい宿!アットホームおおほり
  • ラフティング!水上:フォレスト&ウォーター
  • 礒 絵里子 ヴァイオリン・リサイタルwith浦壁信二 癒しのひととき〜A time of healing/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる