癒しのひととき〜A time of healing

アクセスカウンタ

zoom RSS セロトニンの効果とコントロール

<<   作成日時 : 2011/03/27 11:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

損害回避傾向いわゆる慎重さを持つA型の多くは,
心配症,内気,易疲労になりやすいものである。
それを保つためにセロトニンがほどほどに出ている。

そこに,リスクを伴う問題,外交的な問題,あまりに軽率で楽観的な考えを
持ち込まれた,抱えたとき,
もしくは,B型の新奇探究的な好奇心,おしゃべり的要素を常時持ち込まれたならば,
苦痛になるであろう。

セロトニンが枯渇してしまうのだろう。。
それで,緊張,焦燥感,につながるのだろう。

つまりは,
心配症,内気,易疲労になりやすいことを受け止め,それを和らげる
行動や意識を持つように心がければよいのではないか。と考える。

やはり,楽しめる趣味のようなもの,落ち着ける時間,が必要であると考える。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
〜私の思い出の地〜
  • 富士山2012(写真)
  • 2013の庭
  • 一度行って欲しい宿!アットホームおおほり
  • ラフティング!水上:フォレスト&ウォーター
  • セロトニンの効果とコントロール 癒しのひととき〜A time of healing/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる