癒しのひととき〜A time of healing

アクセスカウンタ

zoom RSS 魔の月曜日

<<   作成日時 : 2011/02/11 21:22   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2011年2月8日 提供:毎日新聞社

月曜日は医師の間で『魔の曜日』と呼ばれ脳梗塞(こうそく)や心筋梗塞が昔から多いという。
月曜日の朝は日曜日の朝に比べ1・43倍も上昇することが分かりました。
月曜日から働くという思いがストレスになるのか,自殺が多いのも月曜日である

1週間の由来:1週間を7日とする根拠を明快に示しているのは旧約聖書。6日働いた後は安息日で神に感謝します。安息日はキリスト教が日曜日、ユダヤ教は土曜日、イスラム教は金曜日。いずれも中東地域を起源とする一神教に由来する。

 明治以降、国内でも七曜制が採用された。七曜制が導入される以前は「ハレとケ」といわれる社会の時間があった。ハレは祭りを指し、庶民にとって楽しみ、希望の時間だった。「昔の人々は普段は多少しんどい思いをしても、ハレの場で周囲の人と心を通わせ、喜びを分かち合っていました」。時の流れ方についても、もっと緩やかだったと指摘する。「時間は寺が鐘で告げ、個人は時計を持っていなかった。 現在は「情報はインターネットの普及でパソコンや携帯電話で自らの時間を管理しようと思えばいくらでもできる。半面、日本人は勤勉だから、休みも働き、せき立てられる時間の流れに多くの人がのみ込まれていると。

 不登校や引きこもりも、時間学から見ると「せき立てられる時間の流れについていけない。日本社会の長い歴史のもと、その経験から出てきた習慣を生かした時間に切り替えないといけないと。

 そこで 「水曜日を軸にするといい」ということだ。「1週間を土日と平日5日で考えるのをやめ、水を軸に、月火、木金、土日のブロックで考える。忙しいと1日でできる家事や仕事に限りがありますが、2日=48時間で考えると、調整もでき、スムーズにいくということだ。
メーンの用事は月火、木金のブロックでこなし、水曜日はフリーにするのがコツという。「余計な用事を入れずに、エネルギーを蓄えておく。月火にやり残したことをし、木金に向けた準備をする。

時間に追われる身になるのではなく、自ら時間を操らないといけないという。

月曜は全職員が一斉に処理し出すので,一番忙しいだろう。
私も先日薬を間違え,レポートを出すことになりました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
インシデントレポートですね。
水曜日をフリーにしておくというのは参考になりました。

2011/02/14 22:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
〜私の思い出の地〜
  • 富士山2012(写真)
  • 2013の庭
  • 一度行って欲しい宿!アットホームおおほり
  • ラフティング!水上:フォレスト&ウォーター
  • 魔の月曜日 癒しのひととき〜A time of healing/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる