癒しのひととき〜A time of healing

アクセスカウンタ

zoom RSS 麻薬の不正使用

<<   作成日時 : 2010/11/27 17:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「ブドウ糖とすり替えた」 医療麻薬使用容疑の医師
2010年11月25日 提供:共同通信社

 医療用麻薬を自分に注射したなどとして、麻薬取締法違反容疑で逮捕された横浜市立大市民総合医療センターの麻酔医(37)が「集中治療室にあった麻薬入りの注射器をブドウ糖入りのものとすり替えて入手した」と供述したことが25日、神奈川県警への取材で分かった。

 鎮痛などのため麻薬投与が必要な集中治療室の重症患者に、ブドウ糖が注射された可能性があり、県警が詳しく調べている。

 「当初は患者に処方した残りを注射器で吸い上げて集めていたが、6月に集中治療部に異動してからは入手しにくくなり、患者のベッド脇に置いてあった点滴用の麻薬入り注射器を、自分でつくったブドウ糖入りの注射器とすり替えた」と話している。

 ⇒やはり注射筒に残った麻薬を悪用する可能性はあるのだなと改めて思い直した。
毎週金曜日,私はシーンとした手術室に赴いて,
残りの麻薬が入った注射筒を回収しに行く。処方せんの記載残量と液量が同じなことは
確認する。中身がブドウ糖か麻薬かは確認しない。
というもの,処方医を信じているからである。
もし,本格的にやるならその残りの液体を麻薬と同定してから廃棄することになるだろう。
しかし,薬剤師こそ最後に流しに流す役目をしていることから,ちょっとしたはずみで飲んだりすることだって
十分あり得るかもしれない。。それがないよう,二人でチェックしながら捨てているのが実情であるが,
疑われる隙は十分起こる。

正常な心を維持することを
十分注意していくことだろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
〜私の思い出の地〜
  • 富士山2012(写真)
  • 2013の庭
  • 一度行って欲しい宿!アットホームおおほり
  • ラフティング!水上:フォレスト&ウォーター
  • 麻薬の不正使用 癒しのひととき〜A time of healing/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる