癒しのひととき〜A time of healing

アクセスカウンタ

zoom RSS 私の仕事9.30(1)(病院薬剤師)

<<   作成日時 : 2010/10/01 17:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

1日の自分の仕事内容を書き出してみました。
最近アウトルックの予定表を活用して,
自分でも何したか,ちゃんと仕事しているか?記録して思いだせるようにしています。

----- 2010年9月30日木曜日 -----

注射調剤
8:30-9:00
カルテ確認
9:00-9:30
退院指導と記録
9:30-10:00
予製(ロキソニン・アクディーム粉)
10:30-11:30
予製(ロキソニン・アクディーム錠)
11:30-12:00
休憩
12:00-13:00
DIニュース作成
13:30-14:30
患者さん面談
14:30-15:30
集計
15:30-16:00
カルテ確認
16:00-16:30
歯ブラシ棚卸
16:30-17:00

本日はとても疲れが溜まっているのがわかるので,
即効帰りました。

これでさらに薬学の雑誌を読んだり,勉強したりするとすれば
帰ってからやることになり,
睡眠時間を削ることになるので,もっと良い方法を考えないといけません。
電車で薬の本なんてガツガツ読みたくもないし。。

朝仕事場につきますと,電子カルテの電源をまず入れます。
立ち上がりに5分くらいかかります。
今日の退院患者さんの有無を確認します。
9月30日は1人,10月1日は5人いました。
いるときは,患者さんに退院時服薬指導をします。
つまり,入院中に使った薬の継続分や余りがあることが多いので,
持って帰る薬の説明をするわけです。
口頭でなく,きちんと文書にして,
さらに,お薬手帳を持っていない患者さんには差し上げています。
まだ治療中で帰られるわけですから,
家に帰ったとたん薬を飲まなくなる可能性があります。
それを念頭に置いて,必要性についても説明します。
それからもし湿疹や,下痢などの副作用が起きた時の
対応方法についてもキチンと説明します。
もともと飲んでいる薬との相互作用も。。
このスライドのように膝をついてまでへりくだりはしませんが。。
病室に行って,患者さんが上体を起こしている状態で,
私が立った状態でお話をします。
3〜5分です。

急に退院が決まったり,退院処方が出たりすると
朝はバタバタします。
患者さんによっては8時半から9時の最後の処置が済むと,
お昼食べずに帰ってしまう人がいます。
お話できずに帰られてしまったことも結構にあります。
それを避けるために,退院情報は極力事前にキャッチし,
できる限りまとめておきます。
退院処方は前日までに出してくださいとかお願いしています。

画像


画像


お大事に〜。
服薬指導を終えると,
薬局に戻って,記録簿を完成させます。
入院中に説明するだけではだめで,
その患者毎のデータを作ってそれをファイルして2年保存しているのです。
病名,手術名,アレルギー歴,既往歴,服薬している薬,検査値データ推移,身長体重・・などの基本情報・・・・
それから,
使った薬の時系列記載,副作用有無,服薬指導内容を書いていきます。

適当に書いて保存しておけば良いって?
そうもいかないのです。
診療報酬を頂いているので,医療監視などがあると,
事細かに見ていきます。
これはただの薬の使用状況を書いているだけじゃないですか!
となってしまいます。
この薬を使用していて,副作用は出ていないか?
検査値の異常は出ていないか?
効果はあるのか?
などのコメント記載などの有無を見られています。

入院しましたら初日,数日後,退院日までの不定期訪問,退院日まで数回は
直接会いますのでその時の指導内容が記載されていきます。

今回は朝一の仕事,退院患者との接点についてのところだけを書きました。

また次回にでも書くことにしましょう。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
〜私の思い出の地〜
  • 富士山2012(写真)
  • 2013の庭
  • 一度行って欲しい宿!アットホームおおほり
  • ラフティング!水上:フォレスト&ウォーター
  • 私の仕事9.30(1)(病院薬剤師) 癒しのひととき〜A time of healing/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる