癒しのひととき〜A time of healing

アクセスカウンタ

zoom RSS 坐薬の添付文書

<<   作成日時 : 2010/06/24 18:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

アンヒバ坐剤(アセトアミノフェン)
http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/100159_1141700J1045_3_05.pdf

インドメタシン坐剤
http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/340013_1145700J1036_1_05.pdf

レペタン坐剤(ブプレノルフィン)
http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/180078_1149703J1020_1_08.pdf

代謝、排泄2)
筋肉内投与されたブプレノルフィンは主に肝臓で代謝され、N-脱アルキル化あるいはグルクロン酸抱合を受け尿中及び胆汁中へ排泄される。主排泄経路は胆汁を介した糞中排泄であり、ヒトでの糞中への排泄率は約70%で、残りは尿中へ排泄される。
薬物の肝酸化型代謝に関与するチトクロームP450分子種
主としてCYP3A4(in vitro)

アンペック坐剤(モルヒネ)
http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/400093_8114700J1023_1_09.pdf

モルヒネは肝臓で3位または6位の水酸基がグルクロン酸抱合を受け,
モルヒネ-3-グルクロニド(活性なし)またはモルヒネ-6-グルクロニド(活
性あり)になる.

これらについては,すべて重篤な肝機能障害の患者では禁忌になっています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
〜私の思い出の地〜
  • 富士山2012(写真)
  • 2013の庭
  • 一度行って欲しい宿!アットホームおおほり
  • ラフティング!水上:フォレスト&ウォーター
  • 坐薬の添付文書 癒しのひととき〜A time of healing/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる