癒しのひととき〜A time of healing

アクセスカウンタ

zoom RSS 働きながらの勉強

<<   作成日時 : 2010/05/24 21:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

仕事は基本的に9時17時で残業なし。
家にまっすぐ帰って家庭の仕事。
食器洗い,子供の風呂入れ,ときに自分の靴下洗濯,ワイシャツアイロンの十分こなせます。

羨ましがられる職場かもしれませんが,
それはそれで,もの足りなくなる時も多々ありました。

こんなんで良いのか??
定年まで同じこと繰り返していて。。

それまで近所の薬剤師会の勉強会には月1回程度ですが良く参加していました。
18時半位から21時くらいでしょうか。
参加シールも頂けますし,溜めれば認定薬剤師ももらえます。

ただし,聴いてそれっきり。物足りなく感じていました。

雑誌の論文を読むにつけ,学会発表などを見るにつけ,
なんとか同じようなことが出来ないか。
手助けしてくれる人,教えてくれる人はいないか?

ふと自分の母校のHPでで社会人大学院の募集なる記事を見つけました。
ですが,どうも気が進みません。知っている先生ばっかりだし,甘えそうだし,
曜日も合わなそうだと。。

他に受け入れている大学もあるだろうと調べていくと,
3校くらいありました。

社会人といえども,授業を聴いて単位を取る必要がある。
論文を書かなくてはいけない。
この時間的なものと,はたして自分でも書けるのか?の不安的問題が挙がりました。
しかし,直感を大切にしている自分は,
即効その大学にメールしてみました。
自分の所属したい教官を連絡を取ってもらうために。。。

すると,案外にもすんなりと,直接メールをやりとり出来,
実際にその教官に面会することになりました。
(良くやったな―と)。

教官は,学生に私のためにお茶を用意させ,今の現状,どういう動機なのかを
暖かい感じで聞いてくださいりました。
そして,入学後の授業は大変なので,事前に単位だけ取得すること,
教官がもう間もなく退官されること,代わりに○○先生を頼ると良いだろうという,
道筋を立ててくださったわけです。

それから2年くらいかけて,夜間講義に週1〜2日くらいで通いました。
大学院に入るという目標がありますから,真剣です。
子供2人目が妻のお腹にいましたし,今のマンションに引っ越したばかり。
かなり家庭内で議論をしましたが,ここは引けませんでした。
趣味だった陶芸の辞めました。

そして,どんな先生かを一様確認しようと思い,
その頼るべき先生の講義を受けました。
やはり直感です。この方なら大丈夫だと。。
同じ席にいたその研究室の学生(先輩)の援助もあって,
授業の途中で,実は・・・・と聞きに行きますと,
では入学試験を受けてみてというお返事が。。

一様にも英語,文章題もありますので,過去問を手にいて,
結構に勉強しました。。

忘れていました。。
肝心なのはその大学院に行くということを上司に伝えました。
入学願書にもその職場の責任者の認め印が必要になっています。

本業が疎かになってまで通うことは避けなくてはいけません。

4月には入学式もきちんとありました。有給を取って参加しました。
もう一回学生が出来る何ともいえないドッキリのような新鮮さを覚えました。

続く・・・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
〜私の思い出の地〜
  • 富士山2012(写真)
  • 2013の庭
  • 一度行って欲しい宿!アットホームおおほり
  • ラフティング!水上:フォレスト&ウォーター
  • 働きながらの勉強 癒しのひととき〜A time of healing/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる